フィナステリド 1mg【プロペシア・ジェネリック】100錠の効果と副作用

フィナステリド 1mg
フィナステリドは、AGA治療の服用薬として知られているプロペシアのジェネリック医薬品です。
有効成分のフィナステリドは、もともと前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使用されてきた薬ですが、抜け毛の抑制または改善の効果があるとのことで、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として開発、販売されることになりました。
フィナステリドは、脱毛を起こさせるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制し頭部の育毛を促進させ抜け毛の進行を食い止める効果があります。

臨床試験において1日1mgのフィナステリドを服用した人の98%に抜け毛進行の停止が認められ、58%に軽度以上の改善がみられました。さらに長期の服用継続により軽度改善以上の効果がそれぞれ68%、78%となり、長期継続することで効果が高くなることが実証されています。

服用方法は、フィナステリドとしてとして、0.2mgを1日1錠24時間おきに服用して下さい。必要に応じて適宜増量できますが、1日の服用上限は1mgまでです。

主な副作用として、だるい、食欲不振、吐き気、性欲減退、勃起不全、精子の減少等があります。肝機能障害が報告されていますが、極めて稀で滅多に症状は出ないとのことです。このような症状がでたら医師または薬剤師に相談してください。

フィナステリドでAGA治療をするためには、長期継続することがとても大切です。個人輸入で通販するとまとめ買いもでき、費用も安くなっているので大変お得です。

フィナステリド finesteride 1mg 100 pills in 1 box

http://sigmasolns.com/finesteride_1_100/

URL :
TRACKBACK URL :

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 3 )

No commented yet.

*
*
* (公開されません)